健康コラム

「漢方薬」という考え方

■「食事=薬」

漢方は、長い歴史の中の「経験医療」が根元です。現代の漢方の知識は、過去、先人達が行ってくれていた(言い方はホント悪いんですけど…)
「人体実験」のたまものといえるでしょうね。

「この草を煎じて○×さんに飲ませたらこんな症状が治まった」
「あの草を煎じたらこんな風になった」
という「経験」をまとめたなんて、スゴイ…。

そして「漢方薬」は、生薬(単品の食べ物や薬草のこと)を何種類か組み合わせたもののことをいいます。ドクダミやアロエ、ヨモギなど、もともと人が食べるものや、食べていたものが多いです。

田舎に行くと怪我をしたらヨモギとかアロエををつけたりした記憶、ないですか?あのあたりはほとんど「民間薬」ですね。そうです。
生薬って民間薬として使われていることが多いんです。

あ、話は脱線しましたが、つまり「食べるもの=薬」というわけです。
これが昔から言われる「医食同源」の考えの根底に流れているのですね。

■普通の薬とどう違うの?

漢方薬は、病院などで処方される薬とは異なり、人間が自ら健康になろうとする力、もともと人間が持っている生きていく力(自然治癒力)を助けるためのものです。

あなたが漢方薬を処方されたことがあれば、わかるかもしれませんが漢方ではのぼせ、むくみ、咳、熱などの“症状”を見て、症状にあった薬を決めていきます。

病名や、病んだ臓器だけをみて薬を決める西洋医学とは少し異なるのです。
ちなみに西洋医学の薬は、天然物から有効成分のみを抽出し、合成するので少量でも作用が強く、人間の自然な機能をも変えてしまうことがあります。
副作用がこれにあたりますね。だから用法・容量はきちんと守りましょう。

また、普通の薬局で売られている薬や病院の薬と大きく違うのは「長く飲む」ということ。漢方薬はどちらかというと飲めばすぐに効くというものではなく、長く飲み続けることによって少しずつ症状を改善・予防することを目的としたものが多いのです。

でも時間をかける分、カラダへの作用が穏やかで「副作用がほとんどない」ということにもつながります。

お手元のお薬を見ながら、こんなことを考えたことありましたか?

  • ビタミン辞典
  • カンタン健康チェック
  • お客様と占部をつなぐ会報誌「うらら」
  • メディア紹介広告掲載

ご注文お問合せ 0120-844-300通話料無料 受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日を除く )
PC版とはひと味もふた味も違う!?モバイル版うらら。
モバイル限定企画もあってお得がイッパイ!!まだ見たことないって方は、今すぐ携帯持ってチェックですよ~♪
SSL グローバルサインのサイトシール

安心してご利用頂く為に128ビットSSL暗号化通信を導入しています

うらべはGMP (Good Manufacturing Practice) 認可製薬会社!
気休めではない本物の確かさを求める方に♪