健康コラム

中国・太原旅行記

■中国、酢の都・太原

私たちの社長は、戦後すぐに中国の太原(たいげん)で生まれました。
社長にはお姉さんたちがいて、お姉さんたちの小さいころ、太原での話をよく聞いていたそうです。

社長のお母さんが亡くなり、お姉さんたちも高齢になってくると、社長はだんだんと「一度は太原に行って、この目で見てみたい」と思うようになったのだそうです。

そして実際に社長が行ってみた太源…。
そこは北京から汽車なら10時間。飛行機でも北京から2時間もかかる奥地でした。行くのはきつかったそうですが、それでもなんとなく嬉しかったそうです。

■さらにあと2時間…

さて、現地での食事の際、「こんなに酢がおいしいなんて!」と唸るほど美味しいお酢と出逢います。それが「山西老陳酢(さんせいらおちんす)」だったのです。(これは私たちの『千年老醋』の原料です)

そして社長、このお酢を造っているところへすぐ行ったのだそうです。
そこは、九州よりも広いくらいの地域が、農薬などを使用してはいけない
地域として国に指定されていたのだそうです。

(だからこの地域は全世界的にも植物の宝庫として貴重な土地で、全世界から植物学者の方が集まるのだとか)

気が遠くなるほど、どこまでも続く紅高粱(ホンコーリャン)の畑に「とにかく圧倒された!」と社長は言います。しかし、太原から更に車で2時間もかかるのに…そのバイタリティがすごい(笑)

■そして『千年老醋』誕生!

日本でもよくツウの人が使うおしょうゆ、とかあるじゃないですか?
社長が唸った美味しい名酢「山西老陳酢」がまさにそれでした。

しかも、これを製造している工場では風邪をひく人がいない!と、現地の工場長さんが豪語しているのを聞いては、社長、だまってはおれません。「このお酢は、門外不出です」という先方に何度も交渉を重ね、頼み込み、やっとのことで許可をいただいたのだそうです。

これが『千年老醋』誕生の瞬間だったのです!

  • ビタミン辞典
  • カンタン健康チェック
  • お客様と占部をつなぐ会報誌「うらら」
  • メディア紹介広告掲載

ご注文お問合せ 0120-844-300通話料無料 受付時間 平日9:00~17:00 (土日祝日を除く )
PC版とはひと味もふた味も違う!?モバイル版うらら。
モバイル限定企画もあってお得がイッパイ!!まだ見たことないって方は、今すぐ携帯持ってチェックですよ~♪
SSL グローバルサインのサイトシール

安心してご利用頂く為に128ビットSSL暗号化通信を導入しています

うらべはGMP (Good Manufacturing Practice) 認可製薬会社!
気休めではない本物の確かさを求める方に♪