健康コラム

6月4日は、むし歯予防デー!!

2021.06.02

6月4日は6(む)4(し)の語呂合わせで「むし歯予防デー」です!

歯の健康は、むし歯予防体が基本!

この機会に、見直してみましょう♪

*むし歯予防は、日々の歯磨きから*

むし歯を予防するための歯磨き、できていますか?

毎日することなので、手慣れた動きでついついサ〜っと簡単に済ませちゃう…って方もいるかもしれません。

時々、見直しながら丁寧な歯磨きを心がけ続けることが大切!

歯磨き用品のチェックも忘れずに!(^o^)

◇歯磨きの目的は、歯の汚れを落とすこと!食べたらすぐ磨こう!

食後のお口をそのままにしておくと、お口の中に残った食べかす(糖質)を餌に細菌が増えて、歯を溶かす酸を出してしまいます。
細菌に栄養分を与えず、酸をつくらせないために、食事をしたら30分以内に歯を磨くことが大切なんです!

◇歯ブラシを小さく動かして、1本1本磨く意識で

ついつい横に大きく動かしてしまいがちな歯磨き。
そうすると、歯と歯の間に毛先が当たらず歯垢が残ってしまいます。
歯ブラシは小さく小刻みに動かしましょう。
1本1本磨く意識で、横にも縦にも磨くと良いです!

◇歯ブラシ、こまめに交換していますか?毛先が広がっていなくても見直してみましょう!

歯ブラシは、「毛先がひらいたら交換!」と決めている方は多いと思います。
しかし、毎日手に取る歯ブラシがひらいたかって、大きな変化がないと気づきにくいですよね。
毎日使っていると、ブラシの“コシ”が柔らかくなって歯垢を落とす力は弱くなっていくんです(><)

衛生的にも、定期的な交換が効果的です。

◇就寝前の歯磨きは、より丁寧に★

細菌がもっとも繁殖しやすい時間帯は睡眠中なんです。歯磨きをしないで寝ると、朝起きるときには口の中が最近でいっぱいになってしまいます。就寝前の歯磨きは日中よりも少し時間をかけて丁寧に行いましょう。

*日々の食生活と、定期的な歯科受診も心がけましょう*

お口の役割「食べること」から見直したり、自分では見えない歯の状態をプロにチェックしてもらうこともとっても大切!

◇砂糖をとりすぎない&甘いものを食べたあとの歯磨きを心がける!

細菌は、糖質・砂糖分が大好き!デザートや間食、アメをなめることが習慣になっていると、口のなかに細菌が活動しやすい環境をつくることにもなります。

予防のために
・甘いものは控えめに
・こまめに歯磨きをする
などを心がけるといいですね。

◇よく噛んで食べること

よく噛んで食べると、唾液の分泌量が増えます。唾液には食べ物のカスや細菌を洗い流す作用もあり、むし歯の予防にも役立ちます。よく噛んでゆっくり食事することは食べ過ぎを防ぎ、体全体の健康にもとってもいいんです!毎日の食事で心がけましょう。

◇定期的な歯科受診で歯のチェックを

お口の中って、自分で隅々まで見ることってできないですよね。
3ヶ月に1度、など定期的に歯科を受診して、歯のチェックやケアを受けることも大切です。磨き残しがあるかみてもらい、歯ブラシのあて方を習えば日々の歯磨きへの意欲にもつながりますよ!


年齢を重ねても、笑った時にピカピカの歯がズラーっと並んでいると、それだけで若くイキイキみえて嬉しいですよね♪
なにより、歯の健康はお口の健康、お口の健康は体の健康にもつながります!
いつまでも綺麗で元気な歯でいたいものです。
これからも、むし歯予防して元気な歯でいきましょう(^○^)


◆福岡で230年超の歴史  漢方の老舗うらべ◆

最新記事