健康コラム

予防が最善!熱中症対策〜水分+〇〇がポイント〜

2021.07.13

晴れでも雨でも、湿度が高くてジメジメするこの頃 (><)
コロコロ変わる天気やジメジメした湿気に疲れていませんか?

梅雨の先で、日ざしいっぱいの暑〜い夏もやってきます。

この時期、一番気をつけたいのが熱中症予防!

暑い季節を元気に過ごすためには、暑さに体が負けないようにすること!

そのために熱中症対策がほんっっとに!大事になってきます!

「水分とっているから大丈夫!」と思う方も
盲点だったポイントが見つかるかも。

すぐにできる熱中症対策を一緒にチェックしてみましょう♪


【熱中症対策に欠かせない、水分+「ミネラル」】

水分補給は夏だけでなく、年中大事!
このコラムでも、何度もお伝えさせてもらっています。(^O^)

水分と併せて欠かせないのが、「ミネラル」。
汗をかいた体はミネラルを失われていくのです。

実は熱中症は、水分と『ミネラル』が不足して
体内でバランスが崩れたときに起きやすいのです(><)

ミネラルが不足すると、足がつる、めまいや頭痛が起きるといわれ、
ひどくなると熱中症に。

水分だけではミネラルをバランス良く補えないので意識して摂るのがポイント★

ミネラルは体内でつくることができないので、飲料や食品からとる必要があります。


\バランスが大事★ミネラル補給のすすめ/

汗から流れでてしまうミネラルは?

・ナトリウム(塩分)
・マグネシウム
・カリウム
・鉄   など

そこで、ミネラル入りの飲料や食べ物からミネラルを摂ることも予防につながります。

◯市販のスポーツドリンク

スポーツドリンクには塩分と糖分が入っているため、汗を多くかく野外での活動時におすすめ。
水分とミネラルを同時に補給できて熱中症予防に役立ちます。

◯塩分を含む飴、梅干し、塩昆布など

夏に塩っぽいものは食べやすいですよね!水分をとるときに、これらを少し口に含んで塩分(ナトリウム)補給♪

◯レモンの砂糖漬け(はちみつ漬け)

これも水分と一緒に摂ると◎!疲れに嬉しいといわれるクエン酸がたっぷり♪砂糖やはちみつ漬けだと美味しいですし、糖分も一緒にとれますよ。
さらに、水にレモンの砂糖漬け(はちみつ漬け)+塩をほんの少し入れると、クエン酸・糖分だけでなく塩分もとれてミネラル補給に良い、手作りのスポーツドリンクになるんです!

◯カリウムは食卓で摂ることを意識!

トマト、きゅうり、なす等の美味しい夏野菜には、カリウムが豊富♪成分が水に溶けやすいのでなるべく生でいただくといいですよ♪夏は冷たいサラダでも美味しいですよね!
わかめ等の海藻類、スイカやバナナなどの果物類にもたくさん含まれています。



※※バランス良い熱中症対策のために避けたい&注意したいこと※※

▲スポーツドリンクを飲みすぎると糖分の摂りすぎになることがあります。
飲み過ぎに注意が必要です。

「外でスポーツをするとき」「お庭の草抜きのとき」など、汗を多くかく野外での活動時のみと限定する、など「場面を絞って使う」などの工夫が◎
くれぐれも、1日の栄養バランスも大切に^^!

▲カフェインが入った飲料(コーヒー、緑茶など)
利尿作用があり水分の排出を促すので、コーヒーや緑茶“だけ”での水分補給は避けたいものです。
しっかりと水分&ミネラルの補給をできるものが◎
(たとえば、お出かけのときは「水分+塩飴」などの組み合わせがおすすめ♪)


【その他の栄養バランスはもちろん、毎日の休息も熱中症予防に!】

暑くてついつい、ジュースやアイス、冷たいゼリーに手が伸びがちになる人もいらっしゃることでしょう・・・!(私もそうなんです。(^^;)笑)

この時期に食べるからこそ美味しいんですよね♪

しかし、ジュースやアイスには砂糖がたっぷり。夏の楽しみとしていただくときは、摂りすぎないように心がけましょう♪

食事や水分から栄養をバランス良くとることが熱中症予防になります。

そして!食事や水分と同じくらい大切なのが「睡眠・休息」。

夏は暑い日差しに体力が奪われやすい状態に。

毎日栄養をとったらしっかり休んで♪体の疲れをリセットしてあげましょう^^

皆さんがいつまでも夏の太陽よりも明るく元気に過ごされますように♪
健康にイキイキ楽しまれる夏を応援しています(^○^)!


◆福岡で230年超の歴史  漢方の老舗うらべ◆

最新記事