健康コラム

夏の元気食材といえば!うなぎ♪

2022.08.02

例年以上に、暑い日が続いておりますね!!!

夏の『土用の丑の日』にうなぎを食べるのは有名♪
この時期は鰻屋さんに行列ができたり、お店に鰻が並んだり、まさに、夏を感じる食の代表!かもしれません。

でも、そもそも、『土用の丑の日』ってなんでしょう?


【土用の丑の日って?2022年は7月23日(土)・8月4日(木)!】
土用とは「季節の変わり目の約18日間」をさすそうで、じつは夏だけじゃなく年に4回あるんだとか!

その4回とは、立春・立夏・立秋・立冬。

季節ごとの節目があって、その直前の約18日間のことを指すそうです。
(私は知らなくて!!!初めて知って「へぇ〜〜〜〜!!!」を連発しました(笑))


【土?丑??語源から見える由来も面白い!!!\(^^)/】
「どよう」「うしのひ」・・・一見、夏には関係ない文字が並びますよね!

調べてみたところ、どちらも深〜い意味がありました!


●“土”は「季節の変化の種をうけとめて芽生えさせる、準備期間」といういわれがあるんだとか♪

なんだか、四季の巡りにウキウキしちゃいますね^^

●“丑の日”は干支(えと)の十二支「丑」(うし)
「丑」の漢字は「紐(ひも)・絡む」と同義で「種の中で芽が育ちつつ、まだ伸びていない」という、これからの成長が楽しみになるような意味が含まれています♪

その丑の日が、約18日間の土用の期間中に必ず1~2回あって、これが『土用の丑の日』なんです!\(^^)/

中でもとくに、梅雨明けにあたる夏の土用の丑の日は、体をいたわり元気が湧いてくる食事をいただくことが習慣に…

それが現代の「うなぎを食べる日」になったんです。

季節の変わり目を大切にし、体を労る時期なんだ!と知ると、この日にうなぎを食べることがありがたく感じます。

【うなぎに含まれる栄養パワー★】
夏バテを予防するには、栄養と元気をつけることが大事!

うなぎには、良質なたんぱく質や脂質、体に大切なビタミンやミネラルが豊富に含まれており、夏バテ予防に嬉しい食材として重宝されます♪

●ビタミンA
免疫機能を高め、細菌やウイルスへの抵抗力をサポートする栄養です。皮膚や、のど・鼻の粘膜の健康にも働きます。
うなぎは特に、このビタミンAが豊富!

●ビタミンB1
疲れのケアを助けてくれます。夏は暑いだけで疲れることもあるので、意識してとるといいですね。

●DHA・EPA
お魚の栄養といったら、 DHA・EPA!鰻にもたっぷり含まれています。血圧や血液サラサラを助けてくれます。


【精をつけたい!でも毎日うなぎは食べられない…】

夏にうれしいうなぎですが、なかなか毎日は食べられない…
でもしっかり栄養はとりたい!

そんな皆さんには『DHA・EPAプラス黒胡麻にんにく』や『黒胡麻にんにくα生姜入』がオススメです。

うなぎを始め、足りていない食材を上手に補いながら、暑い季節を乗り越えてまいりましょうね!!!


◆福岡で230年超の歴史  漢方の老舗うらべ◆

最新記事