葉酸(Folic Acid)

葉酸は名前のとおり、植物の緑葉に多く含まれているビタミンです。このビタミンは正常な赤血球を作るのに必要で、不足すると赤血球の入れ替わりがうまくいかなくなり、悪性の貧血を起こします。また、葉酸は細胞分裂や成長、遺伝子に関わりがあります。胎児や乳幼児で葉酸の欠乏が激しいと、脳神経の形成に異常が出る恐れがあります。妊娠中や授乳中の女性は気をつけてとらなければなりません。

他にも葉酸は粘膜を守るので、不足すると口内炎、舌炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができやすくなります。潰瘍ができるまでに至らなくても、食欲不振や下痢などを引き起こしてしまいます。 葉酸が効果的に働くにはビタミンB6B12ビタミンCが必要です。葉酸が十分でもそれらのビタミンが不足していれば、その働きは期待できません。バランスの良い食事を心がけましょう。

【葉酸(Folic Acid)を多く含む食品】1日の推奨栄養所要量 200μg

200μgを摂取するには・・・・・

  • 牛レバー  67g(3切れ強)
  • ほうれん草  90g(約3束半)
  • アスパラガス  183g(約8本)
  • キャベツ  619g(約中1玉)
  • とうもろこし  714g(約2本)
  • レタス  952g(約2玉)
  • さつまいも  1667g(大約3本)

効能

  • 胃腸の粘膜の健康を保つ
  • DNAの形成に関わる核酸の合成を助ける
  • 貧血を防止する
  • 皮膚を健康にする

【欠乏症】葉酸(Folic Acid)が不足すると・・・・・

  • 消化器系の粘膜の障害
  • 口内炎、舌炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 食欲不振、下痢
  • 貧血
  • 胎児の小頭症や脳の奇形

【過剰症】葉酸(Folic Acid)をとりすぎると・・・・・

過剰症の心配はありません。

必須ミネラル16種

[マクロ元素]

ナトリウム(Na)
マグネシウム(Mg)
リン(P)
硫黄(S)
塩素(Cl)
カリウム(K)
カルシウム(Ca)
[微量元素]
クロム(Cr)
マンガン(Mn)
鉄(Fe)
コバルト(Co)
銅(Cu)
亜鉛(Zn)
セレン(Se)
モリブデン(Mo)
ヨウ素(I)

ビタミン13種+新ビタミン1種

ビタミンA(VA)
[ビタミンB群]
ビタミンB1(VB1)
ビタミンB2(VB2)
ビタミンB6(VB6)
ビタミンB12(VB12)
ナイアシン(niacin)
パントテン酸(pantothenicacid)
ビオチン(biotin)
葉酸(folicacid)
ビタミンC(VC)
ビタミンD(VD)
ビタミンE(VE)
ビタミンK(VK)
ビタミンPQQ(PQQ)

:脂溶性
とりすぎると過剰症になるものあり
:水溶性
とりすぎても体外に排出されるので過剰症の心配はない