ナトリウム

ナトリウムはカルシウムをはじめとするミネラルやタンパク質を血液に溶けやすくする働きがあります。ナトリウムは食塩から摂取されており、普通の食事をしていれば不足することはまずなく、むしろとりすぎの恐れがあります。ナトリウムの過剰摂取は高血圧の原因になり、悪くすると、脳卒中や動脈硬化、腎臓病などの病気になってしまいます。また、ナトリウムの多量摂取はカリウムの激減を招きます。

【ナトリウムを多く含む食品】1日の推奨栄養所要量 10g未満

  • 食塩

効能

ミネラルやタンパク質を血液に溶けやすくする
筋肉、神経が正常に機能するよう助ける

【欠乏症】ナトリウムが不足すると・・・・・

  • めまい、失神
  • 食欲減退
  • 倦怠、精神不安をきたす

【過剰症】ナトリウムをとりすぎると・・・・・

  • 高血圧
  • 脳卒中
  • 動脈硬化
  • 腎臓病

必須ミネラル16種

[マクロ元素]

ナトリウム(Na)
マグネシウム(Mg)
リン(P)
硫黄(S)
塩素(Cl)
カリウム(K)
カルシウム(Ca)
[微量元素]
クロム(Cr)
マンガン(Mn)
鉄(Fe)
コバルト(Co)
銅(Cu)
亜鉛(Zn)
セレン(Se)
モリブデン(Mo)
ヨウ素(I)

ビタミン13種+新ビタミン1種

ビタミンA(VA)
[ビタミンB群]
ビタミンB1(VB1)
ビタミンB2(VB2)
ビタミンB6(VB6)
ビタミンB12(VB12)
ナイアシン(niacin)
パントテン酸(pantothenicacid)
ビオチン(biotin)
葉酸(folicacid)
ビタミンC(VC)
ビタミンD(VD)
ビタミンE(VE)
ビタミンK(VK)
ビタミンPQQ(PQQ)

:脂溶性
とりすぎると過剰症になるものあり
:水溶性
とりすぎても体外に排出されるので過剰症の心配はない