ビタミンD(VD)

ビタミンDの約80%は、日光中の紫外線により皮膚で合成されます。しかし、ひどく日焼けすると、ビタミンDの合成量は減少します。ビタミンDは、カルシウムリンの吸収と運搬を助けています。したがって、カルシウム不足や骨の形成不良では、日照不足とか、ビタミンDの摂取量が少ないといったことも考えられます。骨の形成に影響するこのビタミンは、特に乳幼児の骨の発育に関係していますが、母乳にはビタミンDが含まれていないため、日光浴が必要です。

ビタミンDが欠乏すると、くる病(骨の発育がおかされ、足の骨が曲がったり頭蓋骨が変形したりする乳幼児に多い病気)や骨軟化症、骨粗鬆症などになってしまいます。妊娠中や授乳中、閉経後の女性は不足しやすい状態なので注意が必要です。しかし過剰に摂取しすぎると、骨からカルシウムを分離させ、逆に骨をもろくしてしまうほか、腎臓障害、尿毒症などを引き起こします。ただし、これは1日の所要量の10倍以上で起こることなので一般的な食生活では心配ありません。

【ビタミンD(VD)を多く含む食品】1日の推奨栄養所要量 100IU

100IUを摂取するには・・・・・

  •   7.6g(切り身1/10切れ)
  • まぐろ  48g(刺身約5切れ)
  • 干ししいたけ  16g(約5~6個)
  • かつお  25g(刺身約2切れ)
  • いわし  29g(約1/3尾)
  • しめじ  105g(約1パック)
  • うなぎ、きくらげ

効能

  • くる病
  • 骨軟化症
  • 骨粗鬆症
  • 動脈硬化
  • 虫歯の原因は?
  • ビタミンDが不足すると、歯の表面のエナメル質がきちんとできなかったり、弱くしたりして、虫歯になりやすくなります。歯の形成には、子供のときにビタミンDとカルシウムをとることが大事です。

【過剰症】ビタミンD(VD)をとりすぎると・・・・・

一般的な食生活では心配ないが、1日の所要量の10倍以上を摂取すると、血液中のカルシウム濃度を上げ、内臓や血管壁へのカルシウムの沈着を招く。
とりわけ腎臓に沈着すると、腎臓の機能が低下して尿毒症をひき起こし、致命傷にもなる。

必須ミネラル16種

[マクロ元素]

ナトリウム(Na)
マグネシウム(Mg)
リン(P)
硫黄(S)
塩素(Cl)
カリウム(K)
カルシウム(Ca)
[微量元素]
クロム(Cr)
マンガン(Mn)
鉄(Fe)
コバルト(Co)
銅(Cu)
亜鉛(Zn)
セレン(Se)
モリブデン(Mo)
ヨウ素(I)

ビタミン13種+新ビタミン1種

ビタミンA(VA)
[ビタミンB群]
ビタミンB1(VB1)
ビタミンB2(VB2)
ビタミンB6(VB6)
ビタミンB12(VB12)
ナイアシン(niacin)
パントテン酸(pantothenicacid)
ビオチン(biotin)
葉酸(folicacid)
ビタミンC(VC)
ビタミンD(VD)
ビタミンE(VE)
ビタミンK(VK)
ビタミンPQQ(PQQ)

:脂溶性
とりすぎると過剰症になるものあり
:水溶性
とりすぎても体外に排出されるので過剰症の心配はない