更年期世代の「梅雨」対策、「冷え」対策

更年期はそもそも冷えやすい

体調の悩みが多い更年期ですが、特に女性の更年期の悩みの中でも多いのが「冷え」です。

女性ホルモンが減ることで、自律神経のバランスが乱れ、基礎代謝が低下し、熱を作り出す力が不足していくと言われています。

また、健康な状態でも、心臓から遠い手足などは血行が悪くなりやすく、季節の変わり目などは冷えやすい方も多いです。

また、「私はホットフラッシュが起こっていて、暑がりなのよ」という方も、じつは体の中は冷えている…というケースもあるようです。

「梅雨冷え」を知っていますか?

雨が続くことで気温が下がり、身体が冷えやすくなってしまうことを「梅雨冷え」と言います。

梅雨冷えに加え、朝晩での寒暖差低気圧の影響などにより、体調を整えるのが難しく、耳鳴りや、頭痛を感じる方も多いのではないでしょうか。

更年期の梅雨冷え対策

・服装を調整する

梅雨の時期は、屋外は蒸し暑いのに対し、建物の中はエアコンで寒く感じることも多いので、薄めのカーディガンなどのすぐに羽織れるものを持ち歩くといいでしょう。

また、雨で濡れてしまった場合は体温を奪われないように、早めに服を着替えることも大切です。

・体を動かす、深呼吸をする

雨が続き外で運動することが難しい梅雨ですが、自宅で出来る簡単なストレッチなどで、基礎代謝を上げ、身体を温めましょう。

また、運動できない場合は、深呼吸がおすすめです。

自律神経を整え、血流が良くなり、身体が温まりやすくなります。

・体を温める食材を取り入れる

体を温める食材を普段の食事に取り入れましょう。

生姜、にんにく、長ネギ、唐辛子などは、身体を温める食材と言われています。

特に、生姜を加熱することで得られるショウガオールという成分は、身体を温める効果が高いと言われています。

薬味に生で使われることが多い生姜ですが、冷え対策には煮込み料理に使用するのがおすすめです。

冷えを取り除いて、ポカポカ健康に!梅雨を快適に過ごそう!

新年度が始まり、慌ただしい日々が続いた後の梅雨の時期は、自律神経が乱れ、更年期の悩みが増える方も多いのではないでしょうか。

低気圧が続き、気分も落ち込みやすくなりますが、出来るケアからゆっくりと取り入れてみるのをおすすめします。

身体を温める食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけ、身体を温め、辛い梅雨冷えを乗り越えましょう。

足りない栄養はサプリメントや漢方薬で補うのもいいですね。

そのためご自身の食の傾向で、不足しがちなものについては

また製造している占部大観堂製薬株式会社の「本社工場」は、各種認証を積極的に取得しております。

こういった「製造の背景」もサプリメントを選ぶ際に、重視していただけたら良いのではないかと思います。

◆福岡で230年超の歴史  漢方の老舗うらべ◆

※漢方の老舗うらべ 公式サイト うらべのうらら  無断転載は禁じます

関連記事

0120844300
TOP